リアルロボット系

【楽園追放】アンジェラ&ニューアーハンを徹底解説(スパロボT)

【楽園追放】アンジェラ&ニューアーハンを徹底解説(スパロボT)

今回はスパロボTにも登場する魅惑のマテリアルボディ、「アンジェラ」さんとその機体「ニューアーハン」について紹介していくよ。

かなり叡智力高めの美少女だよね。

スパロボTのリアルロボット系の中でも最強格の機体だよ。

こんな美少女がすごく強いんだ。

名前といい、新規アニメ枠といいクロスアンジュの「アンジュ」となんか雰囲気が被るよね。

今回はアンジェラの登場する作品「楽園追放」のストーリーから、登場キャラや機体、「スパロボT」での使い勝手を紹介していくよ。

概要欄に目次を記載しておくから見たいところをチェックしてね。

【作品概要】楽園追放とは?

作品名 楽園追放-Expelled from Paradise-
公開 2014年11月15日
監督 水島精二
公式サイト https://rakuen-tsuiho.com/

「楽園追放」は東映アニメーションとニトロプラスが製作した劇場版アニメだよ。

2014年に公開され、当時、まだ珍しかった「フル3DCG」ということで話題を呼んだんだ。

機動戦士ガンダム00を手掛けた水島精二が監督、超時空要塞マクロスなどの制作に携わった板野一郎がモーションアドバイザーとして参加しており、機動外骨格スーツ「アーハン」による迫力ある戦闘シーンは、多くのロボットアニメファンを魅了するものだったんだ。

美少女とロボとSFとSIRIって感じだな。

ちなみに「小説版」もあるよ。

「楽園追放」のストーリー

西暦2400年。地球は環境改善用ナノマシンの暴走によって荒野と化し、異形の生物が生息する過酷な環境となった。

地球上での文明の維持が難しいと判断した人類の多くは、肉体を捨てて「電脳パーソナリティ」となって、月と地球の間に建造された宇宙ステーション、「ディーヴァ」の電脳空間へと移住したんだ。

「電脳空間」へ移住って発想が面白いよね。

この現代でももしかしたら未来、そんな世界になり得る可能性もありそうなんだ。

テスラの創業者「イーロン・マスク」もこの現実世界も「仮想現実」と確信してるみたいだし、近年のテクノロジーの進化を考えるとマジでありえそうだよね。

そんな中、地上世界から謎のハッキングを受けてしまう。

ハッキングの主は「フロンティアセッター」と名乗ったんだ。

電脳空間「ディーヴァ」の秩序を維持する「ディーヴァ保安局」に所属する主人公の「アンジェラ」は、「ディーヴァ」にハッキングを仕掛けている「フロンティアセッター」に接触するため、生身の「マテリアルボディ」を身にまとい、地球へ降下する任務を負うよ。

マ、マテリアルボディ!!魅惑過ぎるボディ!

現地オブザーバーの「ディンゴ」と旅をしていくなかで、アンジェラは、肉体に縛られても自由に生きる彼らと、肉体から解放されても「ディーヴァ」に縛られる自分たち。

どちらが幸福な生き方なのか悩み始めるんだ。

これは面白いテーマだよね。

フロンティアセッターの正体

ついにたどり着いた「フロンティアセッター」の正体は、外宇宙探索の同志を探している人工知能だった。

これが正体か、ってスパロボではアンジェラとアーハンのサポートをしてくれてるよ。

自分の使命を遂行しようとしているだけの「フロンティアセッター」を、アンジェラは無害と判断するんだけど、「ディーヴァ保安局」はその言葉を信じないようとしないことで対立していくことになるよ。

「アンジェラ」は、差し向けられた追手を「ディンゴ」と協力しながら撃退し、「フロンティアセッター」の外宇宙への旅立ちを見送ったんだ。

では主要人物の紹介をしていくよ。

アンジェラ・バルザック

電脳世界ディーヴァの秩序を守る保安要員。階級は三等官。

ディーヴァにハッキングを仕掛けた犯人を捜すため、リアルワールドに降り立つんだ。

精神的な実年齢は20代後半だけど、リアルワールドの向かう際、他のエージェントに先んじようとマテリアルボディが成人に達する前に出発したため本来よりも歳若い少女の姿をしているよ。

ご都合展開だけど、グッジョブなんだ。

サイバースペースでの調査や機動外骨格スーツ「アーハン」を用いた戦闘においては卓越した能力を持っているよ。

上昇志向が非常に強く、何よりも効率を重視するんだ。

そのため、彼女の常識では素行不良である現地エージェントの「ディンゴ」に対しては批判的な事もあるよ。

電脳アンジェラ

ちなみに、こちらが電脳世界「ディーヴァ」における、アンジェラの本当の姿だよ。

おお、髪型がショートになって少し大人っぽくなってるね。

元々高身長でスタイルもよいため、フロンティアセッター追跡の際に使用したマテリアルボディを子供っぽいと感じており、気にしているんだ。

優秀なシステム保安要員であるために所持しているメモリ容量は多く、パーソナリティの情報密度は非常に高いよ。

ザリク・カジワラ

愛称はディンゴだよ。

ディーヴァと契約している現地エージェントなんだ。

地上でのオブザーバーとして、ディーヴァ保安局情報部の地上ミッションを18回遂行している優秀な人物だけど、反抗的な態度をとることが多く、素行不良として当局から危険視されているよ。

ナイスミドルなおじさまだよね。

保安局情報部から派遣された「アンジェラ」とタッグを組み、ディーヴァのシステムに違法なハッキングを繰り返す「フロンティアセッター」を追うんだ。

この二人が物語の主軸になるんだ。

効率一辺倒のディーヴァの流儀に人間味を感じておらず、飄々とした態度で「アンジェラ」に地上の流儀を教える。

オールド・ロックをこよなく愛しており、ギターで自ら演奏し歌うこともある。

中でもバンド「アライズ」の曲「エオニアン」を好んでいる。

フロンティアセッター

フロンティアセッター

外宇宙への移住を目的とする「フロンティアセッター計画」を管理していた人工知能だよ。

元々は計画で使用する深宇宙探査船「ジェネシスアーク号」開発の進行管理アプリケーションに付随する自律最適化プログラムであり、自己診断アップデートを行い続けた結果、人工知能が自我を獲得したんだ。

自我を獲得するロボットってこれから現れるのかな。

地上文明を崩壊させたナノハザード以前からディーヴァに観測されない位置で宇宙船を、地上では反応炉と制御システムを含む主電源ユニットを製作していたんだ。

ディーヴァ在住の人間に対して計画の参加を呼びかけるために幾度となくハッキングを行っていたが、治安を擾乱する意図はなかった。

かつてフロンティアセッターを使用していた人間達の趣味に影響され、オールド・ロックを好きになる。

バンド「アライズ」の曲「エオニアン」を自らアレンジするほどであり、趣味を同じくするディンゴを喜ばせたんだ。

アーハン

ディーヴァ保安局のシステム保安要員がリアルワールドへ向かうときに使用する、機動外骨格スーツだよ。

この卵形のデザインは面白いよね。

大気圏降下時は球形のユニットだけど、起動すると人型に変形するんだ。

パイロットはバイク状のシートにまたがって操縦するよ。

【アンジェラパーツ選手権】シートになりたい!

 

大出力のブースターユニットを搭載しており、宇宙空間だけでなく、地上でも高い機動性を発揮。

腕部に収納されている射撃装備は各機体ごとによって異なり、ビームガンやミニガンなど、様々な戦闘に対応することも可能なんだ。

機体背部に装備されている衛星回線アンテナでディーヴァのネットワークと常時接続しており、演算バックアップや情報収集などサポートを受けることが出来るよ。

【楽園追放】アンジェラ&ニューアーハンを徹底解説(スパロボT)

機動外骨格スーツ・ニューアーハン

機動外骨格スーツ・ニューアーハン

ディーヴァで開発されていた最新型のアーハン。

新世代型とも呼ばれている。

アーハンと比べるとすごく人型に近くなってるよね。

大気圏突入時には円錐型のユニットに変形する。

底面部にコックピットハッチを有し、パイロットの乗降時には外装を兼ねたハッチがスライドする方式となっている。

従来の機体と比べ武装の充実が図られているのが特徴で、長距離砲のロングバレルライフルをはじめ、ビームマシンガン、ミサイルポッド、高周波振動ブレード、専用シールドといった様々なオプションやサポートシステムを装備しているよ。

従来のアーハンと異なり、ディーヴァとの通信が途絶えたとしても自力で作戦行動がとれるだけの演算能力を持っている。

拡張スロットも充実しており、アンジェラのパーソナルデータ(=アンジェラという人間を構成する全データ)を丸ごと持ち運ぶことも可能なんだ。

スパロボTでのアーハンとニューアーハン

アンジェラの乗る「アーハン」の登場は第20話、「星の果ての楽園」からだよ。

アーハンの時はHPや装甲が低く、武器も3種類だけで射程もそこまで長くないからこの段階ではそこまで強いという印象は持たないと思うよ。

美少女ってだけで使いたくなるけどな。

でも27話で「ニューアーハン」にパワーアップするからそこから本番だね。

アーハンの時のインパクトの弱さを払拭するかのような性能に進化するんだ。

たった7話で後継機が出てくるのも早いよね。

移動後に射程4あって攻撃力もリアル系では攻撃力の高い「高機動攻撃」を使えるんだ。

エースボーナスが強力

アンジェラのエースボーナスで「分析」がかかっている敵に対してダメージ1.3倍にもなるんだ。

1.3倍はありがたすぎる攻撃補正だよね。

大ボスクラスには、大体「分析」を使うから、ボスにダメージを与える上でもかなり頼もしい存在になるよね。

分析は1ターン、指定した敵ユニットへのダメージを1.1倍、さらにそのユニットから受けるダメージを0.9倍にする技だよな。

このダメージのかけ算は凄いよね。

ナデシコのルリの「システム掌握」が強力

しかも「ナデシコ」のルリが使える「システム掌握」とも相性抜群で、1ターン中全員に「分析」と「かく乱」を使えるから敵陣に切り込んだ時の殲滅力はすさまじいことになるんだ。

これは無双できそうな組み合わせだよね。

弱点は最大射程が6の「ロングバレルライフル」とそこまで遠距離攻撃はできないんだけど、それをカバーするように強化パーツは最大4つまで装着可能。

「ガンファイトサポーター」や「高性能レーダー」など射程を補強するだけで充分ロングレンジ対応できるようになるよ。

さらに最強技「高機動攻撃」の弾数は元々6発、Bセーブで補強すれば9発も使えるから1ターンの間でも使いたい放題なんだ。

最強技を気兼ねなく使えるって、使いやすさは抜群だね。

他にもアーハンの武装のほとんどは「弾数型」なので、「ハイパーリローダー」など弾数を毎ターン回復させれば問題なし。

ここまでしたら、ニューアーハン一機だけで無限に戦えそう。

そうなんだ、スキル「再攻撃」も合わせれば、ほとんどの雑魚は一撃で仕留めることができるし、弾数も気にしなくてよくなるから単騎無双できる機体のひとつだね。