ガンダム系

【全てはティファのため】ガンダムX & ガロード・ランを解説(スパロボZ)

【全てはティファのため】ガンダムX & ガロード・ランを解説(スパロボZ)
【全てはティファのため】ガンダムX & ガロード・ランを解説(スパロボZ)

今回は「スパロボZ」にも参戦している「ガンダムX」とそのパイロットである「ガロード・ラン」について紹介していくよ。

ガンダムXは私自身、原作アニメが好きで何度か見直したんたよ。

「スパロボα外伝」で初参戦した時は嬉しかったよね。

ガンダムXは根強いファンが多いよね。

【主人公 & パイロット】ガロード

主人公の「ガロード・ラン」だよ。

他人に頼らず、自らの力で荒廃した世界を生き抜く15歳の少年なんだ。

外見はなにげにすごいイケメンだけど、ガロードの声ってすごいダミ声だよね。

久しぶりに聞く度にそのギャップにビックリするんだ。

戦災孤児だけど、悲壮さを感じさせない明るく前向きな性格をしているよ。

父親が軍の科学者だったこともあってか、メカ全般の扱いにすごく長けているんだ。

本当は親父のようなエンジニアになりたかったのかもね。

フリーデン搭乗前は、持ち前の行動力と悪知恵を働かせてモビルスーツ狩りをし、それをジャンク屋に売るなどしてたくましく生きていたんだ。

まだまだ若いのにたくましすぎるよね。

そんな生活で身につけたのか、フリーデン艦内やブラッドマン官邸の鍵を針金だけで開けたこともあったよ。

モビルスーツの操縦技術は天才的で、初めて搭乗したガンダムエックスやダブルエックスを
すぐさま乗りこなしていたんだ。

初めての宇宙空間での戦闘でも、極めて短時間でコツをつかんでみせたんだ。

ガロードは別にニュータイプでもないけど、かなりセンスがあるんだ。

ランスローもビックリ

その適応力の高さには、目の当たりにしたランスローも驚きを隠せなかったほどなんだ。

とある仕事の依頼でニュータイプの少女ティファに出会い一目惚れすることから物語が始まるよ。

「ボーイ×ミーツ×ガール」の王道っぽい展開だよね。

スパロボではレントンと気が合いそう

スパロボZでは何かと「レントン」とも気が合いそうだよね。

ガロードの行動理念は全て「ティファ」

それ以降、ガロードの行動理念はすべてティファのため。

彼女のためならたとえ火の中水の中、海上だろうと宇宙だろうと、どこへでも危険を顧みず飛び込んで行く一途さを見せ続けたんだ。

自称ではあるけど、『炎のモビルスーツ乗り』の異名は良くも悪くも彼という人物を的確に表しているんだ。

ニュータイプを二度と戦争の道具にしないために各地を巡り、やがて宇宙革命軍と新地球連邦軍の再戦を止めるべく行動するよ。

スパロボZでのガンダムXはガロードやティファをはじめ主要メンバーのほとんどが参加、ストーリーの主軸にもガッツリ関わってくるよ。

主に男性主人公、ランドを選ぶと一緒に行動することが多くなるね。

しつこすぎるフロスト兄弟

ガンダムXと言えば、この「フロスト兄弟」が本当にしつこいよな。

アニメでもなにかと邪魔してくるイメージが強いんだぜ。

なぜかガロードに執着する「エニル」さん

他にもセクシーなお姉さん「エニル」さんも何かと絡んでくるよ。

なぜかガロードに執着するセクシーなお姉さんなんだぜ。

なんかカウボーイビバップのフェイさんと雰囲気被るよな。

この人何歳なんだよ。

19歳だよ。パイロット能力とその美貌を活かして厳しい時代を生き抜いてきたみたいなんだけど、実は諸多根設定なのかもね。

まだ未成年なのかよ。

こんなお姉さんにいろいろ教えてもらいたいんだぜ。

ウィッツが17歳、ロイが18歳

ちなみにウィッツが17歳、ロイが18歳。

ジャミル・ニート30歳

ジャミルが30歳だよ。

あのフロスト兄弟は19歳なんだ。

フロスト兄弟も未成年なのかよ。

ジャミルさんも40歳くらいの貫禄はあるよね。

過酷な環境は人を大人にするんだ。

他にもフリーデンのクルーもしっかり登場するから、原作ファンには間違いなく楽しめるね。

個人的にはフリーデンの船医「テクス」さんがおすすめだね。

おいおい、テクスさんどんな治療してるんだよ。場所変われよ。

【ヒロイン】ティファ

ガンダムXのヒロイン「ティファ」だよ。

第7次宇宙大戦後に生まれた、存在し得ないと囁かれていた自然覚醒のニュータイプの15歳の少女だよ。

たしかにニュータイプな美少女なんだぜ。

未だに根強いファンが多そうだな。

ティファとガロードだけは年相応に見えるな。

未来視や危険察知、超感応など超能力とも呼べる力を発揮するよ。

周囲が求めてやまないニュータイプ能力であるが、本人はその力に恐怖しているんだ。

「ガンダムX」のニュータイプと歴代ガンダムシリーズ、宇宙世紀のニュータイプとはちょっと違うよな。

「ニュータイプ」の力を巡って人が争うことを嫌悪していたため、半ば心を閉ざしたように生きてきたんだ。

ティファはその能力を研究素材とすべく、多くの組織から狙われており、ニュータイプ研究施設のような所に軟禁されていたところをジャミル達に救出されたんだ。

こんな美少女を軟禁するなんてひどすぎるんだぜ。

そりゃ心も閉ざしてしまうよな。

でも、1人の少女として自分に接してくるガロードに次第に心を開いていき、やがて自分の気持ちを外に出せるようになっていったんだ。

戦いの中、ガロードを始めとする大切な人達の力になることを望み、その想いによって高まった力が月のD.O.M.E.を開く要因となったんだ。

では次に機体の解説に行くよ。

ガンダムエックス

  • 型式番号:GX-9900
  • 頭頂高:17.1m
  • 重量:7.5t
  • 装甲材質:ルナチタニウム合金
  • 武装:サテライトキャノン、大型ビームソード、シールドバスターライフル、ブレストバルカン、ショルダーバルカン×4、Gビット
  • 搭乗者;ガロード・ラ、、ジャミル・ニート

ガンダムXは、第7次宇宙戦争の際に旧連邦軍が開発したモビルスーツだよ。

実は宇宙世紀シリーズの「ガンダム」とは別の世界線なんだ。

最強の武器「サテライトキャノン」

ガンダムXはビットモビルスーツを操ることができる「フラッシュシステム」と、コロニーすら破壊できる「サテライトキャノン」の存在により、ニュータイプが搭乗することで最強の兵器になるんだ。

主人公側が最強の武器を持っているのがアツイよね。

ガロードが搭乗した「ガンダムX」は、たくさん複数生産された内の1機なんだ。

操縦は「Gコントローラー」

同時期に開発された「エアマスター」や「レオパルド」と異なり、起動の際には右操縦レバーとサテライトキャノンの発射トリガーを兼ねた「Gコントローラー」を装着する必要があるよ。

おお、なかなか少年心をくすぐるコントローラーなんだぜ。

ガンダムX ディバイダー

ベルティゴとの戦いでサテライトキャノンが破壊された「ガンダムX」の火力不足を補うために、キッドが「キープしといたすんげえパーツ」を使って強化・改造を施した機体だよ。

サテライトキャノンこそ失っているものの、名称ともなっているディバイダーを装備することによって、月が出ていなくても安定した性能を発揮できるようになったんだ。

サテライトキャノンみたいな強力すぎる単発の武装って日常使いにはちょっと不便そうだんもんな。

そうだね。スパロボZでは、ランド編で第1話から「ガンダムX」が登場するけど、最初はこの「ディバイダー」バージョンなんだ。

ハモニカ砲

「ディバイダー」は別名「ハモニカ砲」とも呼ばれており、多連装ビーム砲、展開式シールド、推進バーニアの機能を併せ持っているよ。

これはかなり万能そうだな。攻撃から防御、機動性の向上など様々な面で応用が利きそうなんだぜ。

スパロボZでのガンダムX

さっきも紹介したけど、最初は「ディバイダー」で登場するけど、第22話から「サテライトキャノン」にも換装可能になるよ。

月が出ていないと「サテライトキャノン」が撃てないから、月の有無の確認をし忘れてそのまま出撃すると使えない場合もあるから注意が必要だね。

考えてみれば、月がある条件でしか、使えないってちょっと不憫だよな。

初登場は「スパロボα外伝」からなんだけど、α外伝と比べると月が出ているマップはかなり多いからちょっと使いやすくなったね。

MAP兵器は幅1マスに縮小されチャージに4ターン必要で使いにくいけど、「サテライトキャノン」は屈指の攻撃力を誇るよ。

でもスパロボZでも「ディバイダ―形態」の方がずっと使いやすいね。

改造はダブルエックスやGファルコンに引き継ぐ

改造段階をガンダムダブルエックスとGファルコンの二機に引き継いだうえでこの機体も残るため、実質的に一機分の改造費用で三機を改造出来る事になり、非常にお得なんだ。